LEICA M10がやってきた 

Leica M10-P

勿論中古です。
自分は水谷豊と同い年です。5月に誕生日を迎え今迄頑張ってきた自分に初めて自分自身でプレゼントをしました。
ライカは幾つかの候補がありました。M11は6000万画素で論外になりました。
M10-Rは4000万画素で最後まで悩みました。
自分にとってライカはスナップカメラ。
とっさに撮ることが多いので高画素機による手振れを危惧しました。
自分はRAWデータで撮って現像するので画像処理の時間、容量の大きさ等を考慮して2400万画素のM10-Pに決めました。
購入先はキタムラです。オークションやメルカリ等魅力的な個体があったのですが決め手はライカの保証が10か月残っていたことです。
これが最後のライカと決めているので何かあっても10か月は修理してもらえる安心感でした。

これを持って撮影に行くのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。